/

この記事は会員限定です

北米産の豚・牛肉に調達不安 コロナ禍、工場停止響く

国産豚・鶏肉に代替需要、卸値上昇も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で輸入食肉の安定調達に不安が広がっている。豚肉や牛肉が多い北米では食肉加工工場の一時閉鎖や減産が相次ぎ、今後日本に入着する豚肉が減りそうだ。スーパーでの需要が多い北米産の輸入が減れば国産の豚や鶏肉でまかなうこととなり、卸値が上がる可能性もある。

「米国の豚肉加工工場から『注文分を生産できない』との連絡があった。5月中旬以降、日本への輸入が減る見込みだ」。商社の輸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン