/

この記事は会員限定です

[FT]コロナの敗者は中ロ首脳

[有料会員限定]
Financial Times

独裁者とて特別な免疫を持つわけではない。新型コロナウイルスは"グローバリスト"だ。メイ前英首相が2016年の保守党党大会の演説で言及した「どこにも属さない市民」である。国境も、その国がどんな政治制度かも全くお構いなしだ。民主主義国家だからといって感染から守られるわけではない。それは独裁国家も同じだ。

最近、パンデミックにより強権主義が一段と力を強めているとよく言われる。強権的な指導者らがこの世界的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2952文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

フィリップ・スティーブンズ

Philip Stephens 英国生まれ。FTで経済担当エディター、政治担当エディター、FT英国版編集長などを経て、チーフ・ポリティカル・コメンテーターに。英国および世界情勢に関する論評を執筆している。著書に「Tony Blair: The Price of Leadership」(2004年)などがある。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン