/

この記事は会員限定です

相場乱高下で取引活況 1~3月、ネット証券業績改善

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大による株式市場の混乱を受け、個人投資家の取引が活発になっている。インターネット証券大手5社の2020年1~3月期は最終損益が4社で改善した。3月の株価急落など激しい値動きで投資意欲が高まった。通期では比較できる4社中3社が減益となり、取引手数料に依存する収益体質からの脱却は見えないままだ。

「稼働口座数が過去最高になっている」。7日に決算を発表したマネックスグループの松本大社長はこう胸を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン