中部製造業、本格稼働と感染防止の両立に知恵絞る

2020/5/13 16:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大の影響が広がる中、中部の製造業が工場内での感染対策に知恵を絞っている。トヨタ自動車は作業者の密集を防ぐため仕切りを設置。ミツカンは工場や営業所などとの移動を禁止した。政府は愛知県を含む中部3県について緊急事態宣言の解除に向け調整に入っている。ただ、感染拡大の第2波が懸念される中、生産活動の本格再開と感染防止を両立するための備えを急ぐ。

トヨタの高岡工場(愛知県豊田市)で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]