/

この記事は会員限定です

休業要請、東北で解除・緩和相次ぐ 福島は延長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを受け、政府は緊急事態宣言を延長した。休業要請を巡っては、宮城や秋田が解除や緩和へ動く一方、福島は延長を決めた。新型コロナの収束と経済活動の両立に向け、東北では新たな取り組みが求められている。

宮城県は新型コロナの感染者数が東北で一番多いが、8割以上はすでに退院している。村井嘉浩知事は「一定程度抑えられている。県民の行動変容の成果だ」と強調し、パチンコ店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン