/

この記事は会員限定です

遮断機ない踏切、死亡事故相次ぐ 廃止には高い壁

(更新) [有料会員限定]

遮断機も警報機もない踏切で、歩行者や通行車両が巻き込まれる事故が後を絶たない。踏切の廃止や遮断機の整備などの対策には多額の費用がかかる。利便性の面から廃止に反対する住民も多く、問題の解消が進んでいない。

2019年3月、神奈川県逗子市のJR逗子駅近くの踏切で、走行中の電車が線路を横断していた90代男性をはねる死亡事故が起きた。踏切の長さは35メートルと通常よりも長いが、遮断機も警報機も設置されてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン