/

この記事は会員限定です

フィンテックに新風、ゴールドマン遺伝子の運用革命

フィンテックエディター 関口慶太

[有料会員限定]

世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスが日本のフィンテック業界への人材供給源になっている。2010年代に創業した暗号資産(仮想通貨)のビットフライヤーホールディングス(東京・港)などに続き、資産運用サービスなどで第2世代の起業が相次ぐ。既存の金融秩序を塗り替えようとするゴールドマン出身の主に30代の経営者たちが、新型コロナウイルスによる経済・社会構造の変革も追い風にしようとしている。

「損...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン