/

ワタミ、休業店舗の従業員をスーパーに臨時出向

ワタミは居酒屋の従業員を食品スーパー「ロピア」に一時出向させる(横浜市)

居酒屋大手のワタミは7日、休業店舗の従業員の一部を食品スーパーに出向させると発表した。首都圏にある居酒屋「鳥メロ」や「ミライザカ」などに勤務する正社員約130人が対象で、同じ商圏にスーパーを展開するロピア(川崎市)の店舗で働いてもらう。雇用を維持するとともに、異業種での勤務経験を通じて従業員の視野を広げることにも役立てる。

ワタミはこのほど、従業員の出向に関する基本契約をロピアと結んだ。研修を経て11日から都内や神奈川、埼玉、千葉県に40店以上あるロピアに従業員を派遣する。契約は5月末までとしているが、居酒屋の休業が続いた場合は1カ月ごとに出向期間を延長する。

ワタミは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国の直営店約400店を臨時休業している。従業員の雇用の維持が課題となるなか、ワタミは居酒屋で培った接客や調理のノウハウをスーパーでも生かせると判断した。「巣ごもり」消費などで来店客が急増し、人材を確保したいロピアのニーズと一致した。

国内では人手不足に悩むスーパーなどが、臨時休業を強いられる飲食店などから人材を一時的に受け入れる「従業員シェア」の動きが広がっている。イオン系食品スーパーのまいばすけっと(横浜市)は外食産業の人材を受け入れ始めた。食品デリバリーの出前館なども外食産業から宅配スタッフとしてアルバイトを受け入れている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン