米製薬アッヴィの同業アラガン買収を承認 米独禁当局

2020/5/7 2:15
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬大手アッヴィは5日、手持ちの医薬品数種を他社に売却する条件で、米連邦取引委員会(FTC)からアイルランド同業大手アラガンの買収で承認を受けたと発表した。アイルランド高等裁判所の判断などを待ち、最終的に手続きを完了する見通し。

米製薬大手アッヴィ本社(シカゴ)

アッヴィは2019年6月、約630億ドル(約6兆7000億円)でアラガン買収を発表した。当初、20年初めの手続き完了を見込んだが、一部事業の重複への懸念などから独禁当局の審査が長引いていた。アッヴィは合併承認の条件として、開発中の自己免疫疾患治療薬候補の英アストラゼネカへの売却などを提案していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]