雇用調整助成金、手続き簡素化 平均賃金の計算免除

2020/5/6 12:59
保存
共有
印刷
その他

雇用調整助成金は申請書類をそろえるのが大変だとの指摘が多い(大阪市内の相談窓口)

雇用調整助成金は申請書類をそろえるのが大変だとの指摘が多い(大阪市内の相談窓口)

厚生労働省は6日、雇用調整助成金の申請手続きの一部を簡素化すると発表した。小規模企業には助成額を算定する際の平均賃金の計算を免除し、実際に支払った休業手当で済ませられるようにする。おおむね従業員20人以下の企業が対象だ。

雇用調整助成金は雇用を維持しながら従業員に休業手当を支払う企業に対し、国が資金支援する。加藤勝信厚労相は6日、平均賃金の計算が申請する際の負担になっているとの認識を示し、来週から新しいルールで受け付ける方針を明らかにした。

小規模企業より規模の大きい企業にも別途、申請手続きのルールを緩和する。1人当たりの平均賃金を計算する際に、現在は労働保険料の申告書の利用を求めているが、源泉所得税の納付書の代用を認める。

休業手当を計算するために必要な所定労働日数は、休業実施前の任意の1カ月をもとに算定できるようにする。現行では就業規則などをもとにしなければいけない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]