アップルの開発者会議、6月22日からオンラインで開催

2020/5/6 4:31
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米アップルは5日、年次開発者会議「WWDC」を6月22日から1週間程度にわたってオンラインで開催すると発表した。全ての開発者を対象に参加費は無料とする。同社製品向けソフトの開発者の裾野を広げるため、今年は学生らがコーディングの腕を競うコンテストも実施する。

アップルはWWDCを通じて最新OSの機能などを発表している(2019年のイベント)

WWDCは「iPhone」などのアップル製品上でアプリやサービスを開発するソフトウエアエンジニア向けに、基本ソフト(OS)の最新機能などを紹介する場となっている。例年はカリフォルニア州サンノゼ市の会議場に世界各地から数千人を集めて開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響でオンライン開催のみとすることを3月中旬に表明していた。

オンラインで開く基調講演や各種のセッションには、アップルの開発者向けソフトなどを通じて参加できる。開催内容の詳細については同ソフトを通じて段階的に案内するという。学生向けのコンテストについては同社製品向けのプログラミング言語「Swift」を学べるソフトを使って実施する。

同社の開発者コミュニティーは世界で2300万人を超えているといい、これまでもWWDCの会場に足を運べないエンジニア向けに基調講演などをネットで配信してきた。オンラインのみの開催となる20年のWWDCについて、マーケティング担当のフィル・シラー上級副社長は「世界の開発者コミュニティーがかつてない方法で集まる過去最大のイベントになる」とコメントしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]