/

金正恩氏の動静「日韓と情報共有」、米政府高官

【ワシントン=永沢毅】ナッパー米国務副次官補は5日、一時的に動静が途絶えていた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に関する情報収集について「日本、韓国と緊密に情報共有や調整ができた」と述べた。日米韓の対北朝鮮連携は万全との認識を示したものだ。米シンクタンクの会合で語った。

北朝鮮の金正恩氏の動静は日米韓当局の関心を集める(写真は2日に朝鮮中央通信配信)=ロイター

韓国が2019年に日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄に動こうとしたため、対北朝鮮対処で問題が生じかねないとの懸念が安全保障関係者の間でくすぶっている。ナッパー氏の発言はこうした声を払拭する狙いがある。

同氏は停滞している非核化交渉に関して「北朝鮮への外交の扉は開いている。交渉の席に着くのを楽しみにしている」と述べ、早期の交渉再開を重ねて呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン