英ヘンリー王子夫妻の伝記8月出版 「王室離脱」つづる

2020/5/5 23:09
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】3月末に英王室の公務から正式に引退し、現在米西部で暮らすヘンリー王子(35)夫妻が8月、伝記「ファインディング・フリーダム(自由を見いだして)」を出版する。英メディアが4日伝えた。世界中の耳目を集める夫妻の苦悩や「王室離脱」を選んだ経緯などをつづっており、英紙は世界的ベストセラーになると見込んでいる。

ヘンリー王子(左)とメーガン妃は3月9日に最後の公務として「英連邦の日」の式典に参加した(ロンドン)=ロイター

夫妻側から取材を認められた王室ジャーナリストらが共同執筆した。「伝統を破ることを恐れず、新しい道を切り開くことを決意した」夫妻の思いや「真の姿」を描いたという。

夫妻を巡っては2018年の結婚後に取材攻勢が激化。夫妻が英大衆紙に事実上の「絶縁状」を送り付けるなど関係は悪化している。出版社はメディアとの関係を念頭に、伝記によって夫妻を巡る「うわさや誤解が一掃」できると主張している。

夫妻は私信や、王子を巡る盗聴疑惑などで大衆紙を提訴したことが昨秋判明している。今年4月には、読者の関心を引くためだけの「釣り見出しや歪曲(わいきょく)」報道に使われたくないとし、大衆紙4紙の取材に一切応じないと発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]