/

この記事は会員限定です

技術の種、地域にまく 山梨大学 研究推進・社会連携機構

UPDATE 知の現場

[有料会員限定]

山梨大学の「研究推進・社会連携機構」は大学の研究成果と、企業や地域社会のニーズを結びつける要の役割を担う。学内で進行中の研究テーマを探り、特許など知的財産を管理する。企業や自治体など外部からの相談にワンストップで対応し、共同研究などに結びつける。教授らが自らの人脈で着手した共同研究の後方支援も担っている。

「大学には、まだまだ活用し切れていない多くの技術や研究などのシーズ(種)がある。機構がそんな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン