/

この記事は会員限定です

最大20万円、社協の貸し付けに申請殺到 対応に遅れも

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、最大20万円を無利子で借りられる社会福祉協議会(社協)の貸付制度に申請が殺到している。もともと困窮世帯の支援が目的だが、コロナ対策の特例で対象が拡大され、休業中の個人事業主らも利用する。申請急増で対応に遅れも生じており、制度の課題を指摘する声が上がっている。

「首の皮一枚でつながった。これで何とか事業を続けていける」。4月下旬、東京都杉並区の社協で「緊急小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン