最大20万円、社協の貸し付けに申請殺到 対応に遅れも

2020/5/5 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、最大20万円を無利子で借りられる社会福祉協議会(社協)の貸付制度に申請が殺到している。もともと困窮世帯の支援が目的だが、コロナ対策の特例で対象が拡大され、休業中の個人事業主らも利用する。申請急増で対応に遅れも生じており、制度の課題を指摘する声が上がっている。

「首の皮一枚でつながった。これで何とか事業を続けていける」。4月下旬、東京都杉並区の社協で「緊急小…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]