岩手県、休業要請延長せず 県民の外出自粛は継続

2020/5/5 20:08
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルス感染者ゼロが続く岩手県は5日、現在一部の店舗や施設を対象に実施している休業要請を7日以降延長しないと決めた。一方で「繁華街の接待を伴う飲食店」の利用自粛と不要不急の外出自粛を県民に呼びかけた。

記者会見する達増知事(5月5日、岩手県庁)

休業要請を延長しないことについて、達増拓也知事は記者会見で「休業要請は都道府県をまたいだ人の移動に関連する施設が対象で、民族大移動ともいうべきGWが念頭にあった」と説明した。

県民らに利用自粛を呼びかける「繁華街の接待を伴う飲食店」への追加的な支援については「県の補正予算で準備した支援をフルに使ってほしい」と述べるにとどめ、否定的な考えを示した。

東京都など特定警戒都道府県からの来県・帰県者に対しては来県後2週間、慎重に行動するように呼びかけた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]