/

岩手県、休業要請延長せず 県民の外出自粛は継続

新型コロナウイルス感染者ゼロが続く岩手県は5日、現在一部の店舗や施設を対象に実施している休業要請を7日以降延長しないと決めた。一方で「繁華街の接待を伴う飲食店」の利用自粛と不要不急の外出自粛を県民に呼びかけた。

休業要請を延長しないことについて、達増拓也知事は記者会見で「休業要請は都道府県をまたいだ人の移動に関連する施設が対象で、民族大移動ともいうべきGWが念頭にあった」と説明した。

県民らに利用自粛を呼びかける「繁華街の接待を伴う飲食店」への追加的な支援については「県の補正予算で準備した支援をフルに使ってほしい」と述べるにとどめ、否定的な考えを示した。

東京都など特定警戒都道府県からの来県・帰県者に対しては来県後2週間、慎重に行動するように呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン