/

福岡市、賃料8割補助を継続 休業対象外に15万円支給も

福岡市は5日、市内の中小・小規模事業者に対して店舗賃料の8割を補助する独自支援策を継続すると発表した。緊急事態宣言の延長で、福岡県が休業要請を31日まで続けること受けた措置。タクシー会社など休業要請の対象外で、売り上げが3割以上減少した事業者に10万~15万円を支給する新たな支援策も発表した。

従来は50万円としていた賃料補助の支給上限は、30万円にした。市によると、7割の事業者で1カ月の賃料が30万円以下だという。

市民生活に必要なサービスとして休業要請の対象外となっている理美容店やタクシー会社などに、法人は15万円、個人事業主には10万円を一律支給する。

引き続き外出自粛を促すため、テークアウトに取り組む飲食店に1店舗あたり10万円を支給する施策も発表した。

新たな支援策に必要な予算規模は約45億円。国の臨時交付金一次配分で35億円を見込み、福岡マラソンなど事業見直しで10億円を捻出する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン