日本ラグビー勝利への扉

フォローする

ラグビー日本 強豪国「ティア1」入りの舞台裏

(1/2ページ)
2020/5/5 19:00
保存
共有
印刷
その他

日本がラグビーの強豪国「ティア1」の仲間入りを果たす見通しになった。国際統括団体ワールドラグビー(WR)の会長に再選されたビル・ボーモント氏が日本ラグビー協会側に意向を伝えた。日本代表の躍進を背景にした、日本ラグビー協会の情報収集や交渉力が実った形だ。国際ラグビー界における日本の役割も大きくなる。

「一生に一度」の激戦――。4月下旬に行われたWRの会長選について、海外メディアはワールドカップ(W杯)日本大会のキャッチコピーを引用して報じた。候補者はイングランド出身の現職とアルゼンチン出身のアグスティン・ピチョット副会長の2人。加盟国や地域協会が持つ51票のうち26票を得れば当選となる。

W杯で8強入りを果たした日本はラグビー界の階級の壁を崩した(2019年W杯のスコットランド戦)

W杯で8強入りを果たした日本はラグビー界の階級の壁を崩した(2019年W杯のスコットランド戦)

投票最終日の4月30日、「カギを握るのは日本の票」と複数の海外メディアは報じた。各協会の票を推計するとボーモント氏24票、ピチョット氏23票となる。残り4票のうち2票を持つ日本が重要との分析だった。

最終的に、日本が支持したボーモント氏が28票を得て勝った。日本協会は正式なコメントを控えているが、決断の決め手は候補者のビジョンと日本への支援策、その実現性だったと複数の関係者は明かす。特に重視されたのが「ティア1」と呼ばれる強豪国の資格である。同氏は協議の中で日本側にその待遇を約束したという。

ティア(層)はラグビー界ならではの階級制。明確な基準はないが、ティア1は欧州6カ国対抗と南半球4カ国対抗に参加する計10カ国で構成する。ティア1は様々な恩恵に浴する。代表戦のマッチメークでは同階級の国同士で好カードを確保。選挙での影響力も大きい。ティア1勢は各3票を持つが、ティア2は日本が2票で他の7カ国は1票。残りの数十カ国は直接の投票権がない。

不平等な制度への批判は強く、同氏も3日の記者会見で「ティア2や新興国という呼び方は(任期の)4年の間になくしたい」と話した。ただ、別の話題の中で触れるにとどめ、強調はしていない。ティアの呼称が変わる可能性はあるが、構造をすぐに壊すのは難しいだろう。

■代表躍進、「階級の壁」崩す

日本がティア1の待遇になれば、様々なメリットが出る。代表のマッチメークに、投票での持ち票の増加。配分される資金の増額は、新型コロナウイルスの影響で懸念される減収分を埋める助けとなる。

「階級の壁」を崩した原動力が、日本代表の躍進であるのは間違いない。昨年のW杯では1次リーグ4連勝で初の8強入り。15年大会でも3勝を挙げている。ティア1の10カ国の中に入れても遜色のない成績である。

昨年のW杯開催の成功も大きい。大入りのスタジアムに、史上最多のテレビ視聴者。過去最高規模の利益も生み出した。何より「非伝統国」で多くのファンを生み出した実績がWRでも高く評価された。

一連の流れからすると「昇格」は自然の流れでもある。選挙中、ピチョット氏の側も日本を「ティア1入り」させる意向を伝えてきたと関係者は明かす。だとすれば、重要なのは選挙の行く末を見定め、新たなリーダーからの確約を得ることだったのだろう。

「今回は日本のラグビー界にとって極めて大事な選挙だった」と協会幹部は言う。「大一番」への準備は1年近く前から進めてきた。W杯中には開催国の利を生かして多くの関係者と面談。投票の締め切り間際まで両陣営をはじめ、様々なルートで情報収集に努めている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

日本ラグビー勝利への扉 一覧

フォローする
日本代表は過去2回のW杯で7勝をあげている(2019年W杯アイルランド戦)

 日本がラグビーの強豪国「ティア1」の仲間入りを果たす見通しになった。国際統括団体ワールドラグビー(WR)の会長に再選されたビル・ボーモント氏が日本ラグビー協会側に意向を伝えた。日本代表の躍進を背景に …続き (5/5)

W杯8強進出には「世界一の練習量」による肉体強化があった

 昨年のワールドカップ(W杯)で初の8強に進出したラグビー日本代表の土台にあったのが、計画的な体づくりだった。「世界一の練習量」による肉体強化が、強豪国を幻惑する速いテンポの試合運びに結実した。本番中 …続き (2/29)

W杯日本大会で8強入りで盛り上がったラグビー界。次のステップはプロ化を含めた新リーグ設立だ

 昨年のワールドカップ(W杯)日本大会で盛り上がったラグビー界。次のステップとして議論されてきたのが「プロ化構想」である。社会人のトップリーグ(TL)を改革する計画で、2021年に新リーグをつくる方針 …続き (1/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]