/

ウイルスの武漢研究所発生説 WHO「臆測の域を出ず」

【ジュネーブ=細川倫太郎】新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から発生したとの説について、世界保健機関(WHO)は4日、「臆測の域を出ない」との見解を示した。米国は「多くの証拠がある」(ポンペオ国務長官)として、関税引き上げなど中国への報復措置も検討しているとされる。

緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏=ロイター

WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は記者会見で、「米国からウイルスの起源について、データに基づいた証拠は受け取っておらず、臆測の域を出ない」と指摘した。将来的にウイルスを管理するためには起源に関する情報は極めて重要とし、「データや証拠を共有できるかどうかは米国が決めるだろう」と述べた。

新型コロナ発生については不明な点が多い。多くの科学者は、新型コロナは自然界で発生し、コウモリなどの動物が媒介して人に感染したとの見方を示している。感染源と人の間をつなぐ「中間宿主」の解明もできていない。ライアン氏は科学に基づいて調査研究を進めることが重要と強調した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン