米Jクルー、経営破綻 コロナ休業で資金繰り悪化

2020/5/4 21:08
保存
共有
印刷
その他

新型コロナの影響で店舗営業を休止している(米ニューヨークのJクルーの店舗)=AP

新型コロナの影響で店舗営業を休止している(米ニューヨークのJクルーの店舗)=AP

【ニューヨーク=中山修志】米衣料品チェーンのJクルーは4日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し経営破綻した。新型コロナウイルスの影響で全約500店が営業休止に追い込まれ、資金繰りが悪化していた。新型コロナによる米主要小売業の破綻は初めて。

有利子負債約16億5000万ドル(約1700億円)を株式に転換して債務を圧縮し、営業を継続する。

米国の多くの州では食品を除く小売業が休業や通販のみの営業を余儀なくされている。テキサス州など一部の州は5月から衣料品店の営業再開を認めたが、入店客数を25%以下に抑えるなどの制限を設けている。

長引くコロナ禍は小売業の体力を削っている。カジュアル衣料大手のギャップは4月下旬に店舗賃料の支払い中止を発表した。百貨店大手のJCペニーやニーマン・マーカスも破綻申請を検討している。

Jクルーは1983年にカタログ通販の専門ブランドとして開業し、80年代後半からニューヨークなど主要都市で店舗を展開した。オバマ前大統領の夫人と娘が大統領就任式で着用したことでも注目を集めた。93年に伊藤忠商事、レナウンの両社とライセンス契約を結び日本市場に参入。主要都市に20店超を展開したが、収益悪化で2008年に撤退した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]