/

兵庫県知事、経済再開基準「3府県 同じスタンスで」

緊急事態宣言の延長を受け記者会見する井戸知事(4日、神戸市)

兵庫県の井戸敏三知事は4日の記者会見で、大阪府が休業や外出自粛の要請解除の独自基準を設ける方針を打ち出したことについて「(京都府も含めて)3府県は基本的に同じスタンスを取らざるを得ない」と述べた。兵庫県も独自基準を設けるかどうかには「県独自というより3府県で検討していくことになる。大阪とは十分に調整しなければならない」として大阪府の動向を注視する考えを示した。

政府が同日決定した緊急事態宣言の延長に関しては「ここで緩めると元のもくあみになりかねない。宣言の範囲についてもいま、どこかを解除するような段階ではない。適切な判断ではないか」と語った。

政府の延長判断を受けて兵庫県は県の対処方針を修正した。「今後の感染状況および医療提供体制を踏まえ、緊急事態措置の見直しを検討」との文言を盛り込んだ。井戸氏は現時点で具体的な見直しを想定していないと説明したものの、県内の感染状況を見極めた上で「出口戦略」を模索する考えをにじませた。

一方、京都府の西脇隆俊知事は同日、独自の解除基準を設けるという大阪府の方針について「関西は経済や生活の結び付きが強く、影響を受けやすい」とし、「関西広域連合の枠組みなども活用しながら連携を取っていきたい。大阪の措置をきちっと聞いた上で判断したい」と話した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン