/

この記事は会員限定です

自粛要請を34県で緩和 地域に配慮、長期化の影響懸念

(更新) [有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の延長で重点的な対策が必要な13の特定警戒都道府県を維持した。人と人との接触を8割削減する目標などを引き続き要求する。それ以外の34県は外出自粛や施設の使用制限を緩和した。自粛の長期化で経済活動への懸念に配慮する。

政府は宣言延長にあわせて改定した基本的対処方針で、特定警戒都道府県に従来の行動制限の踏襲を期待する。

外出自粛により接触8割削減のほか、企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン