/

この記事は会員限定です

「気候変動の情報開示、日本が世界をけん引」伊藤邦雄氏

一橋大学CFO教育研究センター長

(更新) [有料会員限定]

一橋大学大学院の伊藤邦雄特任教授(68)は「世界はより良い資本主義に向かう」と力を込めます。2014年に経済産業省が公表した「伊藤レポート」は日本の企業統治改革をけん引しました。今度は世界的な気候変動や環境などの問題の解決に向け、経営者と投資家、従業員の対話の活性化に力を尽くす考えです。

伊藤邦雄氏(いとう・くにお) 1951年千葉県生まれ。75年一橋大学商学部卒業、92年同大教授、商学部長や副学長を歴任。2015年特任教授。商学博士。次世代を担うCFO(最高財務責任者)育成を目指し設立した教育・研究機関のセンター長も務める。専門は会計学、コーポレートガバナンス論、企業分析・評価論。多数の大手企業の社外取締役を務め、経営の現場に明るい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン