/

この記事は会員限定です

「渋沢栄一の思想、インパクト投資で実現」渋沢健氏

コモンズ投信会長

(更新) [有料会員限定]

長期目線で日本企業に投資するコモンズ投信創業者の渋沢健氏(59)。2024年度に発行が予定されている新紙幣の1万円札の図柄に採用された高祖父、渋沢栄一の「論語と算盤(そろばん)」の思想を受け継ぎ、社会に与えた影響を重視するインパクト投資の実現を目指します。

渋沢健氏(しぶさわ・けん) 1961年神奈川県生まれ。87年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校で経営学修士号(MBA)を取得。2008年にコモンズ投信を創業し、会長に就く。国連開発計画(UNDP)のSDGsインパクト運営委員会委員なども務める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン