ウイルス、武漢研究所説に「多くの証拠」 米国務長官

2020/5/4 11:20
保存
共有
印刷
その他

ポンペオ米国務長官は新型コロナウイルスで中国責任論を強調する=ロイター

ポンペオ米国務長官は新型コロナウイルスで中国責任論を強調する=ロイター

【ワシントン=永沢毅】ポンペオ米国務長官は3日の米ABCテレビ番組で、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から発生した可能性について「多くの証拠がある」と述べた。情報機関が検証を続けているとしたが、具体的な内容には触れなかった。トランプ大統領もFOXニュース番組で「しっかりした報告書をまとめる。(研究所起源説が)疑う余地のないものになろう」と強調した。

トランプ氏はかねて発生源が研究所であることを示す有力な証拠を握っていると語っている。3日の番組では「中国はひどいミスを犯し、それを隠そうとしたのだろう」と述べた。これに関連し、AP通信は3日、国土安全保障省が1日付の内部文書で「中国は新型コロナの深刻さを意図的に隠していた」と分析していると報じた。その間に自国が対処するのに十分な医療器具を確保する狙いがあったという。

米政権内には中国への報復措置として関税引き上げや訴訟を通じた賠償金請求が浮上している。トランプ氏は関税引き上げについて「中国への最も重要な罰則だ」と選択肢の一つとの認識を重ねて示した。ポンペオ氏も「中国に責任を取ってもらう」とも語り、感染拡大について中国への追及を強める立場を改めて表明した。

米国の情報機関を統括する国家情報官室(DNI)は新型コロナが「人工でも遺伝子組み換えされたものでもない」との見解を示しているが、発生源については結論を示していない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]