陽性の女性、バスで上京 山梨県が利用自粛要請も

2020/5/3 23:28
保存
共有
印刷
その他

山梨県内の実家に帰省中に新型コロナウイルス感染が2日に判明した東京都在住の20代女性が、県が公共交通機関の利用を控えるよう求める中で、高速バスで東京に戻っていたことが3日、県への取材で分かった。

山梨県内に滞在中に複数回会っていた県内在住の20代男性も3日に陽性が確認されており、県が詳しい行動歴や濃厚接触者を調べている。

県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚に異常を感じたものの、28日まで都内で勤務。29日に山梨に帰省して、翌日は友人宅でバーベキューをした。

勤務先の同僚が陽性と分かったため、今月1日にPCR検査を受けた。県は検査結果が分かるまでは山梨の実家で待機するとともに公共交通機関の利用自粛を求め、2日朝に陽性だったことも伝えたが、その後バスで帰京していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]