/

この記事は会員限定です

羽田新ルート、騒音低減「効果不十分」75% 独自分析

[有料会員限定]

騒音低減の名目で着陸時の角度(降下角)を引き上げた羽田空港新ルート。日本経済新聞が飛行試験時の騒音データを集計したところ、75%で十分な改善効果がなかった。4割弱は騒音が悪化していた。新着陸方式に対し、国内外の操縦士は難易度が上がると懸念を示してきた。騒音を巡る国土交通省の主張が揺らげば、運用ルールの再考を求める声が強まる可能性がある。

国交省は2019年12月、都心上空を通る新ルートの降下角を従...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン