/

この記事は会員限定です

巣ごもり消費、コロナ収束後も続く ローソン社長

竹増貞信・ローソン社長

[有料会員限定]

感染が世界規模で拡大した新型コロナウイルス。収束にはなお時間がかかるとみられるが、発生源とされた中国は一足早く平常モードに戻りつつある。現地子会社などで中国に約2600店を展開するローソンの竹増貞信社長に中国の消費の変化、日本で考えておくべき点を聞いた。

――コロナの感染拡大で大きな影響を受けた武漢での商況はどのように変化していますか。

「4月8日に都市封鎖が解除されたが、自由に行き来できる生活とは異なる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン