企業向け外貨融資 有事のドル不足懸念なお
点検 急造経済対策(2)

2020/5/4 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緊急経済対策にはグローバル展開する企業向けの外貨融資の仕組みも盛り込まれた。日本政策投資銀行や国際協力銀行が資金枠を設ける。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市場の混乱で、企業の海外子会社などがドル不足に陥る事態を避ける狙いだ。有事になると民間だけでは外貨を十分に供給できないもろさも映る。

政投銀は新たに1000億円の外債を発行し、調達した外貨を国内企業の海外子会社向けに貸し出す。1件あたり数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]