マスクや防護服、各国が輸出規制 貿易協定に容認規定
国際法・ルールと日本

2020/5/3 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、各国でマスクや防護服など医療物資の輸出を規制する動きが相次ぐ。自国民の健康を守る場合は輸出規制を例外的に認める国際法上の規定が根拠となる。日本国内で供給が不足する一因となっており、政府は自由貿易の維持や国内増産に取り組む。

「国民の健康に関わる重要な物資の生産、サプライチェーンは国内で確保することが重要だ」。安倍晋三首相は4月29日の参院予算委員会で医療物資の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]