/

この記事は会員限定です

マスクや防護服、各国が輸出規制 貿易協定に容認規定

国際法・ルールと日本

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、各国でマスクや防護服など医療物資の輸出を規制する動きが相次ぐ。自国民の健康を守る場合は輸出規制を例外的に認める国際法上の規定が根拠となる。日本国内で供給が不足する一因となっており、政府は自由貿易の維持や国内増産に取り組む。

「国民の健康に関わる重要な物資の生産、サプライチェーンは国内で確保することが重要だ」。安倍晋三首相は4月29日の参院予算委員会で医療物資の不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン