/

この記事は会員限定です

憲法論議停滞、コロナで長引く 「20年改憲」達成困難 任期中も日程逼迫

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、憲法改正を巡る議論は停滞が続く。安倍晋三首相が当初掲げた2020年の新憲法施行という目標は達成が難しい状況となった。来年秋までの自民党総裁の任期中も政治日程が逼迫しており、改憲実現への道筋はみえない。

3日は第2次安倍政権が発足して8回目の憲法記念日に当たる。

自民党が今国会での成立をめざした国民投票法改正案も審議が始まっていない。改憲のための国民投票のやり方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン