コロナが問う憲法 緊急事態条項の議論浮上
過去の災害・国際緊張 新法や解釈変更で対処

2020/5/3 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は憲法が非常事態にどこまで対応できるかという議論を提起した。日本はこれまで大規模災害や国際社会の緊張に直面するたび、新法制定や憲法解釈の変更で対処してきた。憲法に緊急事態条項を加える是非について、過去の経緯や海外各国の制度と比較を踏まえて主な論点を整理した。

日本国憲法は大規模災害などの非常時に政府の権限を強める緊急事態条項を持たない。背景には終戦後、憲法制定を巡る日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]