米大統領選、「対中」競う皮肉 コロナ禍で迫る危険水域
本社コメンテーター 菅野幹雄

米大統領選
菅野 幹雄
本社コメンテーター
2020/5/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの発生地である中国と最大の被災地である米国の間に、埋めがたい亀裂が広がっている。ウイルスの発生を知らせず世界に拡散させた罪をつぐなえとばかりに、トランプ米大統領は中国への報復関税をちらつかせる。米中はウイルスの名前や起源、情報隠しの有無を巡って激しい非難の応酬を続けている。

11月3日の米大統領選挙まで半年を切った。再選を狙う共和党のトランプ米大統領と政権奪還を目指す民主党のバ…

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

その他

電子版トップ



[PR]