東京都で新たに160人感染、15人死亡 新型コロナ

2020/5/2 17:48 (2020/5/2 22:19更新)
保存
共有
印刷
その他

東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者を新たに160人確認し、1日あたり最多となる15人の死亡を確認したと発表した。うち11人は集団感染が確認されている中野江古田病院(東京・中野)の入院患者だった。都内の累計死者数は141人になった。

同院ではこれまでに患者や医師らに多数の感染が確認されている。都の担当者によると、院内感染が強く疑われて調査が進められており「今後さらに(感染者や死者が)増える可能性もある」という。

2日に感染が確認された160人のうち、74人は感染経路が不明。33人は家庭内での感染とみられている。

都内では4月17日に201人を確認したのをピークに新規感染は減少傾向にあるが、5月1、2日と160人を超えた。都福祉保健局は「医療機関などでの集団感染が影響して増えたのではないか。家庭内感染も増えている」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]