/

金正恩氏、3週間ぶりに動静報道 北朝鮮メディア

(更新)

【ソウル=細川幸太郎】北朝鮮のラジオ放送局、朝鮮中央放送は2日、健康不安説が出ていた金正恩(キム・ジョンウン)委員長が1日の工場竣工式に参加したと報じた。同氏の動静が伝えられるのは4月11日の朝鮮労働党の政治局会議への出席以来3週間ぶり。米メディアなどが「重篤な状況にある」と報じてから消息に注目が集まっていた。

北朝鮮西部の平安南道で1日に開かれた農業肥料工場の竣工式に参加したと報じた。朝鮮中央通信の詳報によると、竣工式には金正恩氏のほか党や軍の幹部、建設者、労働者など多数が参加したという。金正恩氏自らテープカットに参加し、群衆に手を振ったと伝えている。

金正恩氏が故金日成(キム・イルソン)主席の生誕日である4月15日の行事に姿を見せなかったことから始まった健康不安説を北朝鮮メディアが初めて公式に否定した形だ。様々な報道がなされるなか、トランプ米大統領は「そう遠くないうちに(動静が)分かるだろう」と述べ、健康不安説を否定。韓国政府も「北朝鮮に特異な動向はないと自信を持って言える。国民は安心していい」(政権幹部)と発言していた。

トランプ米大統領は1日、金正恩氏について記者団に「コメントしない。適切な時が来たら発言する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン