/

NYダウ続落、622ドル安 米中関係の悪化懸念で

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】1日の米株式相場は続落し、ダウ工業株30種平均は前日比622ドル03セント(2.6%)安の2万3723ドル69セントで終えた。下げ幅は一時700ドルに達した。トランプ米大統領が4月30日に新型コロナウイルスの感染拡大を巡り中国を批判したのを受け、米中対立の再燃から世界経済を下押しするとの懸念が強まった。

トランプ氏は中国が初期対応を誤った結果、新型コロナが世界に拡散したと指摘した。中国製品への関税引き上げや損害賠償金の請求などを検討しているとも述べ、米中関係が悪化するとの懸念を誘った。

米ミネソタ大学の研究チームが、新型コロナのパンデミック(世界的流行)が最長2年間は続く可能性が高いとの予測を発表した。各国が経済再開に向けて動き出すなか、新型コロナの長期化懸念の高まりも投資家心理の悪化につながった。

化学のダウや建機のキャタピラーなど中国の売上高比率が高い銘柄に売りが優勢となった。1日発表の決算が最終赤字に転じた石油大手エクソンモービルが急落し、航空機のボーイングも大きく売られた。景気減速への懸念からゴールドマン・サックスなど金融株の下げも目立った。

アップルが前日夕に発表した1~3月期決算は市場予想を上回る増収となった。ただ、新型コロナを巡る不透明感などを理由に4~6月期の見通しの発表を見送ったのが嫌気され、株価は1.6%下げた。前日夕に減益決算を発表したネット通販のアマゾン・ドット・コムは7%超下げた。ソフトウエアのマイクロソフトなど3月後半以降の上昇相場をけん引してきた主力ハイテク株全般に売りが広がり、投資家心理を冷やした。

業種別S&P500種株価指数の全11種が下落し、ダウ平均を構成する30銘柄はディスカウントストアのウォルマートを除く29銘柄が下げた。株式相場の予想変動率を示す変動性指数(VIX)は約9%高い37台に上昇した。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同284.60ポイント(3.2%)安の8604.95で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン