3月の米建設支出、予想外の0.9%増 公共部門が押し上げ

2020/5/2 4:44
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が1日発表した3月の建設支出額(季節調整済み、年率換算)は約1兆3605億ドル(約145億円)で、前月の改定値から0.9%増えた。2カ月ぶりの増加で、新型コロナウイルスの影響で3.2%程度の減少を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反して増加した。前年同月比では4.7%増えた。

米建設支出は3月、公共部門が伸びた(米テキサス州の公共工事現場)=ロイター

公共部門が前月比1.6%増で全体を押し上げた。民間部門は0.7%増だった。住宅は2.3%増えたが、非住宅はほぼ全項目がマイナスとなり、1.3%減少した。

予測に反して支出額が増加した理由について、ウェルズ・ファーゴ証券のエコノミストは、新型コロナによる作業中止の影響が一部にしか表れていないと指摘した。保健・インフラ関連プロジェクトも多くは作業中止になっていないという。ただ、今後は減少するとの見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]