/

この記事は会員限定です

中国スマホキラーか 新型iPhoneSE 安さの秘密を分解

[有料会員限定]

米アップルが4月に発表した廉価版スマートフォン「iPhone SE」は、中国勢の格安スマホにシェアを奪われるなかでの反転攻勢の切り札とされる。SEを分解してみると、アップル流の低コスト化戦略が見えてきた。中核となる半導体や通信部品の一部は惜しみなく最新のものを搭載する一方で、液晶ディスプレーやバッテリーなどの部品は旧型の「iPhone8」とほぼ共通している。メリハリをつけ低コスト化と高性能を両立し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン