/

この記事は会員限定です

外出自粛緩和へ3つのカギ 迅速なPCR検査など

ICU病床数も海外と差

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策を議論する政府の専門家会議は1日、外出自粛などを緩和するにはPCR検査の迅速な実施が必要だとの見解を示した。日本は諸外国と比べPCR検査の実施件数が少なく、新規感染者数の正確な把握が難しいためだ。集中治療室(ICU)といった医療体制の整備も急務になる。

専門家会議は緩和の判断について(1)PCR検査の迅速な実施(2)新規感染者数の低減(3)医療提供体制の整備――...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン