「PCR検査もっと実施を」、新型コロナで感染学会の松本氏

2020/5/1 22:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、医療現場では医療従事者や機器の不足も指摘されている。医療の最前線でいま何が起きているのか、医療崩壊を防ぐための備えは何か。日本環境感染学会副理事長で医師の松本哲哉氏に聞いた。

――米国や欧州と比べて日本の死亡率が低いのはなぜでしょうか。

「医療提供体制がかなり影響しているだろう。欧州でもドイツは死亡者数が少ない。(死亡者の多い)イタリアやスペインはもともと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]