/

この記事は会員限定です

中国国有企業、香港市場「非公開化」に国策の影

(更新) [有料会員限定]

【香港=木原雄士、北京=多部田俊輔】香港市場で中国国有企業が株式を相次ぎ非公開化している。2020年に入って農産物加工・販売を手掛ける中国糧油など国有4社が上場廃止を選んだ。株式市場からの資金調達に見切りをつけたようにみえるが、国有企業の再編を進める中国政府の影もうかがえる。

中国糧油は3月に上場廃止した。非公開化を支援した大手投資銀行の中国国際金融は「企業統治と株式保有の構造を見直し、上場維持に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2011文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン