/

この記事は会員限定です

コロナ危機は千載一遇のチャンス、ろうばい売りは禁物

わたしの投資道 坂本彰さん(上)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに端を発する今回の相場下落局面は、私のような逆張り投資家にとっては好機です。既に3月以降で1000万円以上ポジションを積み増しました。昨年秋から年末にかけては相場に過熱感があり、買いたくても指をくわえて相場を見ているしかなかったことを考えると、いまは千載一遇のチャンスです。

コロナ危機での私の物色テーマは3つ。成長株と配当狙い、それから不動産投資信託(REIT)です。成長ストーリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン