/

トリエンナーレで名古屋市を提訴へ 負担金問題で愛知知事

愛知県の大村秀章知事は1日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の負担金不支出を決めた名古屋市を提訴する方針を決めたと明らかにした。

自身が会長を務める実行委員会が原告となる。実行委員に送った書面による表決には24人のうち21人が回答。提訴に賛成したのは14、反対は0、棄権7だった。大村知事は「いま一度(不支出を)再考していただきたい」とし、20日までに市が負担金を支払えば提訴しないとしている。

河村たかし市長は一部の展示内容を事前に実行委から知らされていなかったことなどを理由に支出を留保し、3月に不支出を決めた。河村市長は1日、「断じて支払うべきものではなく、今後もそのように主張していきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン