パチンコ店に休業要請 鳥取、島根県

2020/5/1 19:36
保存
共有
印刷
その他

鳥取県と島根県は1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて両県のパチンコ店に2日から6日までの休業を要請すると発表した。両県の知事が1日のテレビ会議で決めた。協力金は出さない方針だ。

兵庫県が1日に全国で初めてパチンコ店に対し休業指示を出したほか、岡山、広島などでも営業自粛要請や休業要請によって現在、営業している店舗が少なくなっている。「周辺県のパチンコ店がほぼ休業状態になったので、県境を越えて山陰にこられる可能性が高くなっている」(鳥取県の平井伸治知事)として、両県で足並みをそろえて休業要請することを決めた。

政府の緊急事態宣言が延長された場合について島根県の丸山達也知事は「その後の情勢をみて判断したい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]