/

この記事は会員限定です

日経平均の二番底を埋める「動かぬ円」

編集委員 小栗太

[有料会員限定]

2008年秋のリーマン・ショック。日経平均株価がバブル後の最安値を記録したのはいつだったか、覚えているだろうか。

正解は、半年後の09年3月。市場動揺で08年10月に最安値を付けた後、経済指標を通じて実体経済や企業業績の深刻な状況が次第に明らかになり、再び最安値を下回った。直前にはダウ工業株30種平均も12年ぶりの安値を付けている。いわゆる二番底だ。

そして今年。新型コロナウイルスの感染拡大を背景...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン