/

奈良・橿原市など、ドライブスルーでPCR検査へ

奈良県橿原市、高取町、明日香村の3市町村は共同で、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を「ドライブスルー方式」で受けることができる感染症外来を橿原市内に設置する。地元の橿原地区医師会と協力し、5月中旬の稼働を目指す。奈良県では3カ所でドライブスルー方式のPCR検査をすでに実施しているが、地区が独自に取り組むのは県内で初めて。

特設テントを設置する感染症外来には週3日、同医師会の医師や市が雇用した看護師が待機。問診やPCR検査のための検体を採取し、民間の検査機関に検査を委託する。検査の対象となるのは、同医師会の会員である医療機関を受診し、検査が必要と判断された人で、1日10人程度のPCRの検体を採取する方針。

今回の感染症外来は地元の医師会が3市町村に設置を呼び掛けた。橿原市では「県のPCR検査は検体数が増え、十分に処理できていないのが現状だ。国の基準に満たない人でも、疑いがある人を独自に検査することによって、地域医療の崩壊を防ぎたい」としている。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン