コロナ禍で「家」を閉じてしまわぬために
論説委員 辻本 浩子

辻本 浩子
中外時評
編集委員
2020/5/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

家のなかに閉じ込められていた介護を、外に開く。家族だけではなく、地域で支える――。2000年に介護保険制度がスタートし、さまざまなサービスが家のなかに入るようになった。だが今、大きな逆風が吹いている。新型コロナウイルスの流行だ。

休業が相次いでいるのは、要介護者が自宅から施設に通う通所介護(デイサービス)や、短期間だけ施設に宿泊するショートステイなどのサービスだ。厚生労働省の4月20日時点のまと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]