米中対立再燃を懸念 ハイテク株に売り

2020/5/1 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

回復基調だったハイテク株に暗雲が垂れこめている。1日の東京株式市場では半導体関連株の下落が目立った。トランプ米大統領が新型コロナウイルスの感染拡大を巡り中国に報復を検討していると発言。米中の対立再燃への懸念から、中国での売上比率が高い銘柄を中心に売りが広がった。

1日は東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスが前日比6%安と、日経平均の下落率(3%)を大きく上回った。旭化成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]