/

精神疾患のコロナ患者 専門医療機関を設置、神奈川県

神奈川県の黒岩祐治知事は1日、新型コロナウイルスの感染者のうち精神疾患が重い患者を受け入れる「精神科コロナ重点医療機関」を2カ所設置すると発表した。5月中旬に受け入れを始める。精神疾患の患者は一般の病院では対応が難しく、精神科の機能を備えることで適切な医療を提供する狙いだ。

神奈川県立精神医療センター(横浜市)と、県が湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク、神奈川県藤沢市)のグラウンドに建設中の臨時の医療施設で受け入れる。それぞれ病棟の一部を活用する。病床数は数床で始め、今後、施設を追加指定するなどして100床程度への増床を目指す。

これまで県内で精神疾患を持つ新型コロナ患者の入院先を調整するのに難航したこともあり、急ピッチで体制を整えたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン