九州沖縄の全地銀、連休中も相談窓口 新型コロナ対応

2020/5/1 16:05
保存
共有
印刷
その他

九州・沖縄の地方銀行21行全行は、大型連休期間中も相談窓口を開く。新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた法人・個人から、融資や返済条件変更、制度融資の紹介など資金繰りの相談に対応する。

窓口の対応日時は各行で異なり、事前予約が必要な場合もある。福岡銀行は2~4日、午前9時から午後3時まで43店舗と8カ所のローンセンターで対応する。

西日本シティ銀行は2~4日、午前9時から午後5時まで開設する。本部から各日100人程の応援を出し、円滑な対応にあたるという。福岡市と北九州市のビジネスサポートセンターなどでは5、6日も受け付ける。

肥後銀行は2~6日、熊本市の本店を含む22の営業店で午前10時から午後5時まで相談に対応する。

沖縄各行も相談窓口を連休中開設し、沖縄銀行は2~6日、午前10時から午後3時まで、東京支店など3店を除く全営業店で相談を受け付けることにしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]